• HOME
  • デザイナー・ディレクターが参考になるアイコン素材とおまけ

デザイナー・ディレクターが参考になるアイコン素材とおまけ

CND Ueno

みなさんこんにちは。
デザイナーやディレクターさんがよく使うものとしてアイコンがあると思います。

「急な修正がはいったけど、他にもやることモリモリ・・アイコンつくるのめんどくさい><」
「お客さんに提出するワイヤーフレームに、もう少し具体的なイメージつけたいけど、アイコンでも配置しておこうかな?」

などといったことがよくあるかと思います。
そんなときにブックマークしておくと便利なサイトをご紹介します。
記事の最後にはおまけもあるので是非ご覧ください。

webに載っているものには許可が必要なもの、または購入しないと使用できないものがあるのでご注意ください。
詳しくは各サイトの規約に則ってご利用ください。

 

ICON BOX

URL:https://iconbox.fun/category2/categorytop/

今風のトレンドアイコンが多数あるのが嬉しいサイト。
PNG、SVG形式でのダウンロードができます。
商用利用可能。

こちらのサイトの大きな特徴はアイコンの太さを選んでダウンロードできる点です。
細いアイコンや太いアイコンなどテイストを選べるのでとても重宝します。

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、再配布、販売はできないのでご注意ください。

 

 

Ikonate

URL:https://ikonate.com/

海外のサイトになります。
PNG、SVG形式でのダウンロードができます。
商用利用可能。

種類は多くはなく、英語で検索をかけないといけないのが難点ですが、
こちらのサイトはちょっと面白いです。

特徴は太さとサイズ、パスの形状を選べる点です。
また、色もお好みの色に変更でき、一括ダウンロードできるので、是非触ってみてください、少しワクワクします。

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、再配布、販売はできないのでご注意ください。

 

 

ICOON MONO

URL:https://icooon-mono.com/

そつなくいろんなジャンルがあります。
PNG、JPG、SVG形式でのダウンロードができます。
商用利用可能。

基本モノクロ素材となりますが、希望の色をつけてダウンロードできるので、ディレクターさんなどは重宝するサイトかと思います。

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、再配布、販売はできないのでご注意ください。

 

Icon-rainbow

URL:https://icon-rainbow.com/

豊富なジャンルがあります。
PNG、JPG、SVG形式でのダウンロードができます。
基本モノクロ素材となりますが、希望の色をつけてダウンロードできます。
商用利用可能。

このサイトの、一つ特徴として詳細なカテゴリーから検索できます。
グロナビメニューの「詳細カテゴリーを見る」を選択すると、わかりやすい検索ができるのでお試しください。

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、再配布、販売はできないのでご注意ください。

 

IFN

URL:https://illustration-free.net/

豊富なジャンルがあり、SVG、EPS、PNG形式でのダウンロードができます。
商用利用可能。

このサイトの特徴はなんといってもディティールの細かさです。
例えば女性のアイコンを探しているとします。
その女性は眼鏡をかけているかいないか、知的な女性か、ネクタイをしているか、はたまた、重ね着をしているかなど、ほんとにこれ使い道あるの?というバリエーションがあり、時間を忘れてみてしまう時があるので、本業忘れないようご注意ください。

また、フッターにカテゴリーがのっているのも面白いです。
フッターのこんな使い方はみたことないので勉強になります。

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、再配布、販売はできないのでご注意ください。

 

EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS

URL:https://experience-japan.info/

観光に特化したピクトグラム、PNG、SVG形式でのダウンロードができます。
商用利用はできますが、加工はできませんので、使用する際には注意が必要です。

こちらは日本デザインセンターが、
「デザインから、日本の観光体験を支える」という使命のもと、
日本観光の魅力的な体験を表現した無償ピクトグラムです。

さすが日本デザインセンターという細部にまで気を配られたピクトグラムには秀逸のものが多数ありますので是非。

余談ですが、ピクトグラムって日本人が発明したって知ってました?
1964年東京オリンピックで海外の人もにわかりやすく説明するためにピクトグラムを発明したらしいんですよね。その東京オリンピックのデザイン関係を担っていたのが日本デザインセンターの方々です。
日本人ってすごいっ!

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、加工はできませんので、ご注意ください。

 

FLAT ICON DESIGN

URL:http://flat-icon-design.com/

可愛らしいカラーのアイコンがAi・PNG・SVG・EPS・JPG形式でのダウンロードができます。
商用利用可能。

ポップなアイコンはテイストを統一しているので、非常に使い勝手がよいです。
また、背景有無、影のみといったバリエーションが用意されているのが嬉しいです。

基本、許可なく商用利用できるフリーアイコンとなりますが、再配布、販売はできないのでご注意ください。

 

Noun Project

URL:https://thenounproject.com/

海外のアイコンサイト。
PNG、SVG形式でのダウンロードができます。
そのまま利用するには購入が必要です。

最後にご紹介するこちらのサイトは、海外のいろんな人が作った投稿型の洋モノサイトで、私がよく利用しているサイトになります。

理由は、オリジナルでアイコンを作りたい私にとっては、海外製で見慣れないテイストのアイコンが数多くあり、気に入ったアイコン製作者がいたらその人の作品をソートして閲覧することができるためです。

利用するには購入しなければならず、そのままでは利用できないので、あくまで参考としてこちらのサイトで検索し、自分で作るといった利用方法になります。
そのまま使ってしまっては例のエンブレム問題に発展しかねないのでご注意を。。

利用にはログインが必要だったり(フェイスブックIDなどで簡単にログインできる)、英語で検索をかけなかればいけないなどのデメリットはありますが、非常に重宝しています。

 

おまけ

Speed Dial2
URL:https://speeddial2.com/

最後に、アイコンとは全然関係ないおまけで紹介するのがこちらの機能拡張ツール。

いろんなプロジェクトをしている時、スケジュールはどのスプレットシートで管理してたんだっけ?あの参考サイトはどこにあったっけ?などブラウザのウィンドウを探すのだけで結構時間をとったりすることがあると思います。
私はウィンドウ常時100個とか開いてる時あります。。

探す時間を1日10分としても、1年だと・・何分になるんでしょう・・!?
誰か計算してください。。
好きな言葉は他力本願です。
そんな煩わしさを解消するツールがこの「Speed Dial2」になります。

ブラウザから新規ウィンドウ立ち上げると、下記状態のウィンドウがデフォルトで開き、プロジェクトごとにURLを登録することができます。

魅力がうまく伝わっていない感満載ですが、とにかく便利です。
まだ知らない人は騙されてみてください。
ブックマークなんてもう古い?!ウィンドウを探す時間が激減します。

アイコン作りにマンネリ化している時は、新しい扉をたていてみるのも一つの手ですね。
最後までお付き合いありがとうございました。

 

フォローしていただけると嬉しいです!

ご相談・お問い合わせはこちら
page top