• HOME
  • GA4管理画面で旧バージョンの新規プロパティ追加作成方法

GA4管理画面で旧バージョンの新規プロパティ追加作成方法

CND Sekiguchi

GA4がリリースされたが・・・

2020年10月にGoogleアナリティクスの新バージョンである「Google Analytics 4(以下、GA4)」がリリースされました。

GA4についてGoogle社の公式ヘルプはこちら。
次世代の Google アナリティクスのご紹介 – アナリティクス ヘルプ

GA4のリリース以降、新規でプロパティを作成したいお客様から
「もうGA4でしか新規は作れないのか?」
「以前のGA(ユニバーサルアナリティクス)では作れなくなったのか?」
というお問い合わせをいただくようになりましたので、今日は以前のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)のプロパティ作成方法をご紹介します。

GA4管理画面におけるユニバーサルアナリティクスの新規プロパティ作成方法

プロパティ作成画面で、プロパティ名やタイムゾーンを入力して、そのまま「次へ」進んでしまうケースが多いようですが、「次へ」ボタン手前の「詳細オプションを表示」をクリックすると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティが作れます。

プロパティの設定

(この「詳細オプションを表示」に気づくことなく、そのまま作成してみたら、GA4のプロパティだったという方が意外と多いようです。)

「詳細オプションを表示」をクリックすると以下のような設定画面が展開されますので、この画面で設定を行うことでユニバーサルアナリティクスの新規プロパティが作成できます。

ユニバーサルアナリティクス プロパティの作成

GA4は今すぐ使うべきか?

GA4については、Webマーケティングやアクセス解析が専門という方以外であれば、まだまだこれから新しい機能の追加や情報が出てくると思われるので、しばらくは今お使いのユニバーサルアナリティクスをそのまま使用することで問題ないと思います。

アクセス解析に少し関心のある方は、今お使いのユニバーサルアナリティクスのプロパティは残しておいた状態で、新しくGA4のプロパティを取得してデータ計測(データ収集)だけ行っておき、通常の分析業務で使用するのはこれまでのユニバーサルアナリティクスでよいと思います。
弊社のお客様にもそのようにお伝えしています。

※この記事は2020年12月時点のものです。

フォローしていただけると嬉しいです!

ご相談・お問い合わせはこちら
page top