• HOME
  • ECサイト作成。ASP、EC-CUBE、モールへの出店どれがいいの?

ECサイト作成。ASP、EC-CUBE、モールへの出店どれがいいの?

アバター

CND Takuma

コロナ禍でECサイトでの購入することが増えより重要度が増してきたECサイト。
事態の収束が見えない中でECサイト制作のお問い合わせをいただくことが多くなってきました。
そんな中、お客様とお話しさせていただいていく上で、「ECサイトは何を使って作れば良いの?」というご質問をよく頂くのですが、ECサイトを作る上でツールは様々あり、それぞれのお客様の事業規模やプロモーションなどを加味し、ECサイトツールを比較し選ぶことが重要です。

ECサイトの主な分類

ECサイトパッケージ

オープンソース(使用料が無料)のEC-CUBE(EC-キューブ)、os Commerce(オーエスコマース)、有償パッケージのecbeing(イーシービーイング)、ebisumart(エビスマート)などを利用し、お客様の希望に合わせたカスタマイズを行った独自のECサイトを構築する事ができます。有償パッケージはオープンソースに比べ販売元からのセキュリティなどのサポート受ける事ができます。

メリット:

  • サイトデザインや機能などへのカスタマイズの自由度が高い。
  • 消費者への細かなサービスを提供することができる。

デメリット:

  • 初期費用が高価になりがち。
  • 制作期間が長い。

ASPカート(ショッピングカート)

Makeshop(メイクショップ)、shopify(ショピファイ)、BASE(ベイス)など、ECサイトを運営する上での標準機能を揃えたシステムをレンタルする形となり、低価格で利用することができます。
ASPカートの中には、越境ECショップとして海外に向けての機能を持っているものもあります。

メリット:

  • 安価に短期間でECサイトの構築ができる。
  • オリジナルデザインの反映が可能(ASPの機能内において)。

デメリット:

  • EC機能のカスタマイズができない。
  • 固定の使用料が発生する。

ECモール

楽天市場、Amazon、Yahoo!ショピングなど、インターネット上のショッピングモールとなります。
出来上がったECシステムを利用しサイト構築をすることができ、モール自体の知名度が高く消費者が訪れる機会が多いため、集客力が弱い中小企業にオススメです。

メリット

  • モールに来る消費者が多く商品が目に触れる機会が多くなる。
  • システムが出来上がっているので、出店へのハードルが低い。

デメリット:

  • モール内で他社と価格の比較が行われる。
  • 固定の使用料が発生する。

ECサイトパッケージ、ASPカートはECモールと違い、自社サイトの一部として運営する事ができ、自社サイトとの親和性を高めブランディングを高めていく事が可能です。

■弊社でのECサイトの制作事例の一部です。
http://netshop.kyugetsu.com/
雛人形・五月人形などを販売されている久月様のサイトとなります。

https://www.empire1912.com/e-net/
札幌でクリーニングを行っている、エンパイアー様のサイトとなります。

http://www.kyotsujigyo.com/
健康食品を取り扱っている、協通事業様のサイトとなります。

フォローしていただけると嬉しいです!

ご相談・お問い合わせはこちら
page top