• HOME
  • マーケティングオートメーション(MA)導入で売上アップ!?今注目されるMAの効果や活用法・おすすめのツールをご紹介

マーケティングオートメーション(MA)導入で売上アップ!?今注目されるMAの効果や活用法・おすすめのツールをご紹介

アバター

cnDoor_uchio

企業が商品やサービスを販売していくにあたり、重要な要素であるマーケティング活動ですが、これまで専門的な知識や経験が必要であり敷居が高いものという考えが一般的でした。 しかし、近年そのマーケティング活動を自動化し、見込み顧客を選定できるマーケティングオートメーション(MA)が注目されてきています。 今回は、そんなマーケティングオートメーション(MA)の基本知識や効果と活用法、おすすめのツールまでを詳しくご紹介していきます。

マーケティングオートメーション(MA)とは?導入前に知っておきたい基本知識

『マーケティングオートメーション』という言葉は聞いたことがあるけれども、どういった意味や仕組みがあるものなのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。

マーケティングオートメーション(Marketing Automation:MA)は、ひとことで言うと「マーケティング活動を自動化すること」。自動化の方法としては、「MAツール」と呼ばれる専用のツールを使うことが一般的です。

このツールを使ってマーケティングオートメーション(MA)を導入することで、メールの開封やWEBサイトへの訪問など、ユーザーの行動履歴の取得・管理が可能となります。

例を挙げてご紹介すると、「サービス紹介記事を読んだ」「セミナーの情報を閲覧した」など、具体的な行動情報を取得できるので、それぞれの行動に対して効果的な施策の実施することができます。

マーケティングオートメーション(MA)の導入によってできること

マーケティングオートメーション(MA)の導入で「マーケティング活動の自動化」を実現することができますが、大きく分けると3つの効果を期待することができます。

ここからはマーケティングオートメーションの導入によってできることを詳しくご紹介していきます。

①業務の効率化

顧客に対してメールで商品やサービスを訴求するキャンペーンは、顧客情報の確認やメールの送信内容など、単純な作業のように思えて意外と時間が取られる作業です。

マーケティングオートメーションの導入によって、顧客情報の一元管理やメール送信のテンプレート化など、反復的な作業をシステマチックに行えるようになり業務の効率化を実現できます。

②営業的アプローチの数が向上

これまで顧客の数が多く、営業がアプローチしきれずに商談の機会を逃していたという場合には、マーケティングオートメーション(MA)の導入によって商談機会を増やすことが可能です。

WEBサイトやメールによって見込み顧客にアプローチし、興味・関心の度合いを見える化して管理できるので、商談確度の高い状態の顧客に対して効率的に営業をかけることができるようになります。

③効率的なマーケティング活動ができる

複数のマーケティングツールを使って顧客の管理やアプローチを行っていた場合、個別に管理していた情報を一つのプラットフォームへ統合できるようになります。

複数のデータを管理しながらマーケティングを行うことは、非常に手間がかかるだけでなく、情報ごとの関係性も見えづらくなります。

マーケティングオートメーション(MA)の導入で、こうした非効率的な状況を一転させ、効率的なマーケティング活動を実現できるようになります。

導入におすすめのマーケティングオートメーション(MA)ツール3選

マーケティングオートメーション(MA)の効果についてご紹介してきましたが、実際にどのようなMAツールがあるのか、気になっているのではないでしょうか。

現在さまざまなMAツールが各社よりリリースされており、それぞれ異なる特徴があります。

ここからは、おすすめのマーケティングオートメーション(MA)ツール3選を詳しくご紹介していきます。

導入におすすめのMAツール①「SATORI(サトリ)」

SATORIは、SATORI株式会社が提供しているマーケティングオートメーション(MA)ツールです。

WEBサイトに専用のタグを埋め込むだけで簡単に導入することができ、直観的に分かりやすいUIですぐに運用を開始できます。

顧客情報を数値化して見える化できるほか、アンノウンマーケティングと呼ばれる匿名リードのデータ管理や蓄積も可能です。

導入におすすめのMAツール②「Pardot(パードット)」

Pardot(パードット)は、株式会社セールスフォースドットコムが提供しているマーケティングオートメーション(MA)ツールです。

リード(見込み顧客)の獲得から成約までを一元管理できることが特徴で、パーソナライズされた情報により深い顧客エンゲージメントを獲得することが可能です。

また、顧客管理システムである「セールスフォース」と連携が可能で、自社サイトへの訪問やメルマガの開封など顧客情報を集約して管理することができるようになっています。

導入におすすめのMAツール③「Hubspot(ハブスポット)」

Hubspot( ハブスポット)は、マーケティング会社のHubSpot社が提供しているCRM/SFA・MA・CMSといった機能を備えたオールインワンのツールです。

ツールを利用することで専門的な知識が無くても誰でも簡単にコンテンツを作成でき、顧客に対してアプローチすることができるという特徴があります。

顧客管理機能、マーケティングオートメーション、コンテンツ管理システムが統合されているシステムなので、事前にこれらのツール同士の連携設定が必要なく利用できるというメリットも注目です。

マーケティングオートメーション(MA)ツールの導入が初めての場合は「SATORI」がおすすめ

人気のマーケティングオートメーションツールをご紹介してきましたが、導入が初めてという場合におすすめなのが、「SATORI」です。

現在、数多くのマーケティングオートメーション(MA)ツールが市場に存在していますが、実はそのほとんどが海外の企業によって開発されたもので、海外独自の仕様によって使いづらい場合があります。

「SATORI」は、そんななか、日本の企業が開発したツールで、日本人が直観的に分かりやすいUIで作られていることが特徴です。

日本の市場を理解した上で運用も想定されているほか、サポート体制も充実しているので、マーケティングオートメーション(MA)の運用が初めてという場合にも安心して利用することができるため、導入が初めての場合にはおすすめのMAツールとなっています。

マーケティングオートメーション(MA)導入と合わせて行うと効果的な施策

マーケティングオートメーション(MA)の導入だけでも、先ほどご紹介してきた効果を期待することができますが、導入と合わせて自社のWEB環境も見直すことでより効果を高めることができます。

マーケティングオートメーション(MA)の導入と合わせて行うとより効果的な施策をご紹介していきます。

WEBサイトの分析・アクセス解析

マーケティングオートメーション(MA)ツールを「自社サイト」や「サービスサイト」に導入する場合には、現状のWEBサイトへの流入や閲覧がどのような傾向にあるか事前に把握しておくことが必要です。

サイトに訪れたユーザーの傾向が分からないままアプローチをしても効果が薄いばかりか、逆に不信感を与えてしまうこともあります。

そういったことを防ぐためにも、ツールの導入前にはWEBサイトの分析やGoogleアナリティクスを使ったアクセス解析を行い、WEBサイトの状況や傾向を把握するようにしましょう。

WEBサイトのリニューアル

WEBサイトの作りが古い場合やWEBサイトの分析やアクセス解析によって問題が見られた場合、マーケティングオート-メーション(MA)の導入だけだと効果が期待できない場合があります。

その場合、WEBサイトの問題箇所を改修して改善するほか、WEBサイト全体をリニューアルすることで問題点を改善し、マーケティングオート-メーション(MA)の効果をより高めるサイト運用が可能になります。

マーケティングオートメーション(MA)の導入は業務の効率化におすすめ!

マーケティングオートメーション(MA)の導入によって、「マーケティング活動の自動化」を実現し、顧客管理の効率化などさまざまなメリットを得られるようになります。

その反面、導入に至るまでの過程が面倒であったり、導入後の活用方法など難しい課題も残されているため、企業担当者だけではまだまだ充分に活用しきれていないという現実があります。

マーケティングオートメーション(MA)の導入や活用法でお困りの場合には、クリエイティブネットドアまでご相談ください。

フォローしていただけると嬉しいです!

ご相談・お問い合わせはこちら
page top